2019年4月16日火曜日

乱立するQRコード決済の規格が、統一される動き

2019年3月29日、コード決済に用いられる統一QRコード・統一バーコードの仕様を(一社)キャッシュレス推進協議会にて策定されました。

■経済産業省のプレスリリース
https://www.meti.go.jp/press/2018/03/20190329002/20190329002.html

■キャッシュレス推進協議会
https://www.paymentsjapan.or.jp/
https://www.paymentsjapan.or.jp/news/20190329_jpqr%E2%88%92guidelines/

この仕様に則って、お店のレジ前のQRコード掲示が、シンプルになることを願っています。
お客が利用時に、お店に「QRで」と告げるだけでよくなるといいですね。今のままだと、どのサービスかまでをしてしなくてはいけないですし、お店側の操作も煩雑です。


上記の流れを見越して、JCBは各種QR決済の入り口となるプラットフォームを計画していると発表しました。複数の決済事業者のコードを一本化するサービスとのことです。


https://japan.cnet.com/article/35133025/

良い取り組みだと思いますが、今度はこの「入り口」が乱立してしまわないか心配です。
(クレジットカード事業者であれば、それほど数が膨れ上がることもないとは思いますが、小規模店舗は導入しにくいとも思います。)

2019年3月1日金曜日

高速道路の通行券を、磁気カードからQRコードに


2019年2月から、NEXCO東日本は横浜横須賀道路で、試験的に導入を行ったそうです。
ETCを利用しない利用者向けの通行券を、これまでの磁気カード方式から切り替えしたもの。

磁気カードは、紙代、記録・読み取り機のコストがかかるが、QRコードにすれば大幅にコスト削減が可能になることを狙っています。

弊社でQRコードを読み取ってみたところ、内部情報は通常のテキストではなく、バイナリ情報で暗号化されたものになっていました。このため、利用者が勝手に改変することは簡単ではなく、セキュリティ対策も万全を期していると見られます。



参考元
https://response.jp/article/2019/03/20/320334.html
画像出典
NEXCO東日本 (livedoorニュース経由)

2019年2月4日月曜日

コンクリートや木材にQRコード



<仕組み>
直径1ミリメートルの微細な穴に光を当てると穴の内部が影になり、小さな黒い点に見えることに着目した。サイコロの「5」の目のように基材に穴を空けた1単位「高周波セル」を、2次元コードのように配置。

<利点>
・屋外でも劣化せず長期間安定して使うことができる。
・白黒のコードではないので、風景の中で目立ちすぎない。

<開発者>
立命大理工学部 道関隆国教授、福水洋平准教授 など


出典 (画像も含む):
京都新聞 2019年01月23日
https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20190123000083
「半永久的に使えるQRコードを開発 コンクリートに穴で表現」

2019年1月2日水曜日

おみくじにQRコード

今年の神社のおみくじでは、QRコードの利用報告がいくつかありました。 東京の神田明神、京都の貴船神社など。




画像出典:
twitter@tomogotiusaさん、@raspberry_akeさん

2018年12月1日土曜日

QRコードでチェックインするホテル




スマホで宿泊予約ができ、会員証QRコードをフロントの専用端末にかざすだけチェックイン手続きが完了する。

 相鉄フレッサイン、アパホテルなどが導入を開始している。
ホテル業界も動き始めているようです。

2018年11月2日金曜日

QRコードでお賽銭



日光東照宮、日光山輪王寺( 中禅寺立木観音 )などで導入が広がっている。
インバウンドの中国人・台湾人などを意識したもの。

 出典(画像): https://techwave.jp/archives/qr-code-payment-spread-nikko-world-heritage.html

2018年10月31日水曜日

シンガポールが国内QRコード規格を統一



キャッシュレス化の一貫で、
国レベルでのQRコードの統一はシンガポールが初めてとなる。

統一QRコード決済の名前は、”SGQR”とのこと。 
各種決済サービスへの入り口を一本化してくれる。

http://www.mas.gov.sg/sgqr/index.html



1、決済サービスアプリを起動
2、統一QRコードを読み込む
3、決済画面へ


こういうのは、国レベルでやるのがいいでしょう。
シンガポールは進んでいますね。


※追記:
日本も追いつきつつあります。仕様が決まったようです。
https://xn--qr-yh4atdxl.blogspot.com/2019/04/qr.html

2018年7月4日水曜日

台湾のQRコード事情を視察



中華圏での普及は日本以上のものがあるとの話をよく聞くので 台北を訪れてみました。訪問日は2018年6月末です。

まず目についたのが、自動販売機。






自動販売機では、QRコード決済が実装されているものが多く見られました。
いろいろな規格・事業者が乱立しているのは日本と同じ。
日本よりもプレイヤーは絞られている印象です(淘汰が進んでいる)。
国内勢としては、LINEが健闘。




その他、一般の小売店内でも、日本よりも存在感が大きい。

下の写真は、日系の薬局 Tomods で撮影。
中華圏に進出している企業は、すでにQR決済のノウハウを蓄積しているようであり、日本国内の普及期には有利になると思われる。




ちょっと意外なものとしては公園などの
公共物にもQRコードの採用が多いことでした。

アクセスすると公園情報のページに飛びます。




2018年5月19日土曜日

QRコードで地下鉄に乗車、北京にて

北京市内の西郊線を除く全ての地下鉄で2018年5月19日から、
QRコードを利用したスマートフォンによる運賃決済が可能となった。



(写真出典: http://japanese.beijingreview.com.cn )

2018年4月30日月曜日

QRコード決済国内導入進む



3メガバンク(三菱UFJ、みずほ、三井住友)は、キャッシュレス決済に向けて「QRコード」の規格を統一し、「BankPay」(仮称)を準備する。
店頭でスマホをかざし、支払額が銀行口座から引き落とされる仕組みで、地方銀行にも参加を呼びかける。

ゆうちょ銀行は18日、「ゆうちょPay」を使ったスマートフォン決済サービスを2019年2月から始めると発表した。横浜銀行や福岡銀行が提供している銀行口座と連携したQR決済基盤に参加する。

NTTドコモは、バーコード・QRコードを使ったスマホ決済サービス「d払い」を2018年4月25日に開始した。